« 2006年03月30日 | メイン | 2006年04月06日 »

2006年04月03日

元・立誠小学校

とうとう4月になりました。 学校始まるまではまだ猶予があるけど、もう3年なんだよなぁ。

バイトが同期だった学校の先輩は、社会人になっちまって、もう平日に泊まりでスマブラなんて出来なくなりそうです。
先週の金曜はそんな学生最終日の先輩の家に泊まりでスマブラってました。
最終日ということで4人で朝まで12時間拡大スペシャル、指が痛い('A`)

学校から

4月1日のエイプリルフールは3時ごろに帰宅して、寝て目覚めたら2日だったので嘘をつく暇が無かったです(´・ω・`)
どこから帰宅したかっつーと、やっとタイトルにたどり着くわけですが元・立誠小学校でやっていた「チャップリンの日本~チャップリン秘書・高野虎市遺品展~」に行ってました。

「チャップリンが好きなの?」と問われれば「一作品も見たことが無いです」というヘタレです。
見たいとは思ってるけど、機会が無いんだよねぇ。

そんな展示になぜいったかっつーと、学校側に興味がありました。

元・立誠小学校
10年以上も前、平成5年に廃校となったこの小学校ですが、京都は木屋町の真っ只中にあります。
歓楽街の真っ只中で、学校を出たところに客引きがいます(´・ω・`)
そら、こんな所に学校作ってもなぁと思ったら、明治2年建築という歴史のある学校です。
アーチの綺麗な正面玄関
アーチ型の玄関と、その上にはアーチ型の窓と装飾の施されたバルコニー。
古い校舎にしては珍しい、気合の入った建築です。
こーゆーの好き( ´-`)


展示室は写真禁止なので、中々いい写真が取れなかったのですが、内部も少しだけ。
DSCF2136.jpg
歴史ある学校と感じさせるパネル、右のパネルをアップにしてみると。
DSCF2137.jpg
昭和60年! 俺が生まれた年だっつーんんだから驚きです。
ちなみに横は昭和56年のパネルでした。

上の写真の場所から中庭に出れます。
講堂や中庭は管理が行き届かず、廃校になってからの日数を感じさせるくらいに朽ちてました。
DSCF2148.jpg
半地下みたいなところはすでに横を流れる川から浸水されているようで、SFに出てくるゴーストタウンみたいです。

DSCF2150.jpg
一階の廊下。
実は2階の廊下の方が色々古い物があって面白かったんですが、立ち入り禁止でした( ´-`)


教室内の写真は撮れませんでしたが、視聴覚室なんかが面白かったです。
今回のイベントの関係でフィルムの上映がされたんですが、配置されていた椅子が古い学校の椅子そのままでした。

この地は日本で最初に映画が上映された場所だったりもします。


にしても、4月ということで桜がちらほら咲き始めました。
満開にはあと一歩と言った感じでしたが、高瀬川の桜道ってのは素敵な景観ですね。
この辺りには川を見ながら食事が出来る施設がたくさんあるので、一度行ってみたいなぁ。

DSCF2124.jpg
こちらは木屋町五条を少し登ったところ。

DSCF2130.jpg
こっちは学校前の広場みたいなところから撮りました。


帰りに東本願寺横の路地でひっそりと咲く沈丁花を発見しました。
DSCF2180.jpg
リンク先は壁紙サイズです(1240*930)

普段PC前でダラダラ仕事してる身としては、こーゆー植物を見ながらすごせるのは幸せなもんです。


ってことで、明日は花見に行ってきますヽ(‘ ∇‘ )ノ
酒だ団子だビリヤードだヽ(‘ ∇‘ )ノ

投稿者 tyoro : 04:38 | コメント (3)