« 星になった少年 | メイン | ぱおーん(´Д⊂グスン »

2005年08月27日

2時間プログラミング

今日の部活で、部長が後輩に30分でテトリスを作れといいおった。
実際、作れんのかということで、俺と部長が別々に実装してみることに。

それが悲劇の始まりだった・・・。

ひとり、またひとりと減っていく部員・・・。
消えていく電灯・・・。
降りるシャッター・・・。

部活終る予定時刻より大幅に遅くなってしまって、部員は3人しか残らず、電気も消えちゃったっつー話。


ってか、自分がいつも使うプログラムのフレームワーク(雛形)を使えば、30分で実装できる自信はあるんだけど。
今回はコンソールのプログラムで、しかも何も無いところから全部手打ち。マンドクセ('A`)

どうせ途中で終るだろうと、やる気無くカタコト打ってたら、向こうの方からすげーパワフルな打キー音が聞こえてくる。
ぶ・・・部長はやる気だ!

ってことで、俺もやる気だしてパワフルなキーボード破壊音を炸裂。
2時間程度の格闘の末、とうとう完成。いちおう遊べるだけ。点数とかOP画面とか一切なし。

そのソース(2htet.cpp)


特にキー入力に手間取りました。
普段、自分の昔作ったフレームワークに頼ってるので、キー入力系の記憶は完全に失われてました。
しかも、押しっぱなしだと反応し続けるという辛さがあります。
フレームワークのキー入力周りは変化(キーが押された・放された)を検出してますが、今回のは押されているかという状態のみで判断してるもんで・・・。


230行テトリスと7行テトリスには遠く及ばないけど・・・。
同じような処理が5箇所にもわたって書かれてるのもあるし、関数化すれば200行は切るだろう。

もっと、最初に考えてから組まないと、グダグダな結果になるなぁ。


しかし、この簡単なパズルゲームを2時間程度で実装するってのは、プログラムのリハビリに最適かもな。
覚えとこう。

投稿者 tyoro : 2005年08月27日 06:13

コメント

コメントしてくださいYO




保存しますか?